株式会社ビック東海
(通信・放送・情報事業)

写真1:山下 浩史氏

ロゴ:ビック東海

株式会社ビック東海(以下、ビック東海)が提供する企業向けのメールASPサービス「OneOffice(R) Mail Solution」。そのラインナップとして新たに追加されたのが、「BRODIAEA safeAttach(以下、safeAttach)」を活用した添付ファイルZIPパスワード化サービス「OneOffice Safe Clip」だ。今回は、新たなサービスが導入された背景とsafeAttachが採用された理由について、ビック東海 デ-タセンタ・ソリューション事業部 事業部長代理 山下 浩史氏に話を伺った。


通信・放送・情報サービスを三位一体で提供する株式会社ビック東海

写真2:山下 浩史氏
― ビック東海の事業概要を教えてください。

当社は、システムインテグレータまたはサービスプロバイダとして、自社で保有する光ファイバーネットワークとiDC(インターネットデータセンター)、カスタマーセンターをバックボーンに、個人から法人のお客様に対して、通信・放送・情報分野で幅広いサービスを展開しています。



― 具体的にどのような事業を展開されているのですか。

通信の分野では、個人ユーザから企業、通信キャリアに、光ファイバーネットワークを利用したさまざまな通信サービスを展開しています。 放送の分野では、CATVによる地域情報の配信や番組の放映をはじめ、インターネットサービスなども手掛けています。
情報の分野では、システムのコンサルテーションから構築、運用、保守に至るトータルなシステムインテグレーションサービスやアウトソーシングソリューションを提供しています。



― ビック東海の強みとはどんなところですか。

システムインテグレータとしての技術力と開発力、インターネットサービスプロバイダ、CATV事業者としての展開力を結集し、システムのインフラから、ソフトウェア、そしてサービスまでを三位一体で提供できる『トータル・コミュニケーション』が、当社の強みだと思っています。

Page Top

1,000社以上が利用する戦略的メールアウトソーシングサービス「OneOffice Mail Solution」

ロゴ:OneOffice Mail Solution
― それでは、safeAttachを導入されたメールASPサービス「OneOffice Mail Solution」について教えてください。

「OneOffice Mail Solution」は、2005年よりサービスを開始したASPサービスです。高性能かつ多機能なメールシステムを提供するだけでなく、スパム対策やウイルス対策、さらにはメールアーカイブといった様々な関連サービスを提供しています。
今回、新たに「添付ファイルのZIPパスワード化サービス」を追加しました。



― 「OneOffice Mail Solution」の強みとはどんな所ですか。

今やメールは欠かすことのできないビジネスツールとなり、24時間365日、システムが止まることは許されません。また、メールを安全に利用するために、ウイルスやスパムメールといった様々なセキュリティ対策をはじめ、アーカイブや情報漏えい対策なども必要となり、システムはより一層複雑化し、運用にも大きな手間が掛かるようになりました。
そのため、メールシステムを安全に運用するためには、様々なハードウェアやソフトウェア、そしてそのシステムを運用するための人的なリソース、さらにはそれらを安全にノンストップで運用するための施設など、大きな投資と運用コストが必要となります。

その点「OneOffice Mail Solution」は、
   ・ASPですので、規模の拡大や必要なサービスの「短期導入が可能
   ・サーバはもちろんウイルスやスパム対策といった頻繁な更新が必要なシステムの「運用負荷がゼロ
   ・しかも、自社のサービスとして提供している優れたファシリティと運用・監視体制を備えたiDCにおいて、「低価格
   でシステムを提供
というポイントが強みとなり、現在、1,000社以上の企業でご利用いただいております。

Page Top

メールの情報漏えい対策は、送信直後の数分間が勝負

― safeAttachは、どのように利用されているのですか。

メールの送信による情報漏えいを未然に防止するためのサービス「OneOffice Safe Clip」に、safeAttachを利用しています。「OneOffice Safe Clip」は、メールに添付されているファイルを強制的にZIPファイル化して送信し、5分後にランダム生成されたパスワードを自動配信するサービスです。

解説図:「OneOffice Safe Clip」のサービス概要



― 送信メールの情報漏えい対策に対する需要は高いのですか。

個人情報をはじめとした情報の漏えいトラブルは、企業に莫大な損害を与えかねません。そのため、メールに限らず、情報漏えい対策に対する関心は非常に高いと思います。「OneOffice Mail Solution」をご利用いただいているお客様からも、「OneOffice Safe Clip」のように情報漏えいを未然に防ぐ機能を早く提供してほしいという声をたくさん頂戴しており、5分後にパスワードを自動配信するという機能も、そんなお客様からの声をもとに仕様を決めました。



― どのような「お客様の声」があったのですか。

メールの誤送信対策として、ファイルが添付されたメールをZIP化して送信した後、さらにパスワードを記載したメールを手作業で送信するという方法があるのですが、セキュリティとしてのレベルが高まる反面、面倒なので自動でパスワードを送信するような仕組みにしてほしいという声が数多くありました。
さらに、メールを誤って送信してしまった時、その直後、数分以内に気がつくことが多いという声も多く、結論として、数分以内に何か手の打てる機能があれば有用だということがわかりました。

Page Top

時間差でパスワードを自動送信できる製品は、safeAttachの他に見当たらなかった

― safeAttachを採用した経緯と理由を教えてください。

メールによる情報漏えい対策のサービスを検討していたところ、展示会でsafeAttachのことを知りました。いくつか他の製品も検討したのですが、暗号化ファイルとパスワードを同じタイミングで送信してしまう製品が多く、指定した時間差でパスワードを自動送信できる製品は、safeAttachの他に見当たりませんでした。そのため、safeAttachの採用を前提に新サービスの開発に取り組むことになりました。
一方、ASPとしてサービスを提供するためには、機能面だけでなく、マルチテナント方式への対応や提供コスト、そしてビジネスパートナーの柔軟な対応といった条件も必要となります。このような点に関しては、インスパイアーのスムーズな対応によってクリアできました。その結果、利用者様にご納得のいただける優れたサービスに仕上げることができたので感謝しております。



― システムを開発する上で、苦労した点などはありましたか。

既存のメールシステムにsafeAttachの機能を追加するのは、配信ルートの関係などから大幅な変更が必要でした。そのため、まずは新たに開発したメールシステムにsafeAttachを組み込み、新規に「OneOffice Mail Solution」をご導入いただくお客様から「OneOffice Safe Clip」をご利用いただけるようにしました。もちろん、旧来のお客様からも「OneOffice Safe Clip」を使いたいという要望が非常に多いので、現在、すべてのお客様にご利用いただけるよう準備を進めているところです。

Page Top

時代や環境にあわせてサービス品質の向上を目指す

― 「OneOffice Safe Clip」をご利用いただいているお客様の反応はいかがですか。

まだサービスを開始したばかりなので、きちんとしたヒアリングは行っていませんが、特に目立った反応は見受けられません。メールは毎日使うものですので、不満や問題があればすぐにクレームとして上がってきます。仮にシステムが5分停止すれば、当社のコールセンターはパンクしてしまうぐらいですから、まさに「知らせがないのが良い知らせ」だと思います。



― 「OneOffice Mail Solution」の今後の展開などあれば教えてください。

今後の機能拡張についてはお話しするのが難しいのですが、「OneOffice Safe Clip」の提供と同時に、AjaxによってWebメールの操作性を向上させたり、利用者パスワードの運用を強化するなど、機能を追加しました。今後も、お客様のニーズを吸い上げながら、時代や環境にあわせてサービス品質の向上に努めていきたいと思っています。



― お忙しい中、ありがとうございました。



※ 株式会社ビック東海のWebサイト
※ 取材日時 2009年6月

Page Top